◆Message◆

プロフィール写真ディスポキネシス・ジャパンのHPへようこそ

福富祥子のプロフィールはこちらへ>>
レッスンのご予約はこちらへ>>
ディスポキネシスの詳細はこちらへ>>

◆Menu◆

ホーム
ディスポキネシスとは
フォーカル・ジストニア
レッスン案内
プロフィール
アクセス
お問い合わせ

◆What's new!◆

2014.4.1 京都二条のチェロ教室開講!詳細はこちらへ>>京都チェロ教室

2012.1.21「演奏家のための身体法──ディスポキネシス」について紹介 於:東京芸術大学第1回Dコンサート
講演動画はこちらへ>>


2011.12.20 日本芸術療法学会にて講演「演奏家と身体」 於:東京芸術大学

プロフィール

福富 祥子 ──Shoko FUKUTOMI──

資格証明書チェリスト
ディスポキネシス協会公認トレーナー
東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校、
同大学を経て同大学大学院修了。
ローマ国際室内楽コンクール第1位
ヨーロッパ国際音楽コンクールデュオ部門最高位等
受賞多数。

2002年〜2004年にかけてのベルリン芸術大学留学中に、チェロ科及びベルリン芸術大学の演奏家の健康についてのインスティチュートの講師であるアレクサンドラ・ミュラー氏による「ディスポキネシス──姿勢・動き・表現」 という授業でディスポキネシスを知る。
2005年〜2008年、3年間に渡ってドイツのデュイスブルクで開講された「ディスポキネシス・トレーナー養成コース」を受講し、ディスポキネシスの正式なトレーナー資格を取得。並行して、東京芸術大学大学院博士後期課程で特に弦楽器奏者の問題を取り上げ、演奏家の心身の調和について研究を行い、2009年博士号(音楽)を取得。

演奏活動と並行して、2008年のディスポキネシス・トレーナー資格取得後は、様々な楽器のプロの演奏家や音大生にレッスンを行うほか、音楽家の特殊な障害である「フォーカル・ジストニア」の症状に対しても積極的に取り組んでいる。
現在、東京芸術大学非常勤講師。

研究記録

論文等(PDFファイルで開きます)

ディスポキネシスの研究についての中間報告(東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程/2009.4)

博論:演奏行為における心身の調和(東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程/2010.3)
目次〜序文
第1章 ディスポキネシスとは何か
第2章 ディスポキネシス実践手法の概要
第3章 ディスポキネシス試行報告
第4章 まとめと今後の展望

講演記録

2011年12月:
日本芸術療法学会「音楽家と身体」にて講演
於:東京芸術大学



2012年1月21日:
Dコンサートチラシ裏Dコンサート東京芸術大学音楽学部リサーチセンター主催
第1回 Dコンサート『境界を越えて音楽する身体』にて
演奏家のための身体法である「ディスポキネシス」について紹介




Dコンサート講演部分の動画Part1



Dコンサート講演部分の動画Part2

 

関連リンク・関連書籍

ディスポキネシスに関するリンク

Europaeische Gesellschaft fuer Dispokinesis (EGD) 
ヨーロッパ・ディスポキネシス協会の公式ホームページ(独語)

Institut van de Klashorst - Praxis fuer Dispokinesis
ディスポキネシス創設者であるクラースホルストの公式ホームページ(独語)

Wikipedia-Dispokinesis
ドイツ語版ウィキペディアの「Dispokinesis」のページ(独語)

Dispokinesis Praxis-Angelika Stockmann
ディスポキネシス養成コースの講師Angelika Stockmann氏のホームページ
フォーカルジストニアについてのページもある(独語)

ディスポキネシスに関する文献(英語/ドイツ語)

Onne van de Klashorst, Gerrit. Einleitung in die Dispokinesiotherapie und Paedie. Deutsches Zentrum fur Dispokinesis Oberhausen-Sterkrade 1992.(英語)
Onne van de Klashorst, Gerrit. The disposition of the musician. Amsterdam: Broekmans & Van Poppel,2002.(英語)
Stockmann,Angelika.“Die Disposition des Musikers.Oder:Das richtige Gesp fur Haltung und Bewegung” In das Orchester(1996.11)22-24(ドイツ語)
Stockmann,Angelika.“Dispokinesis:Hilfen fur die Streicherpraxis:Typische Probleme und ihre Behandlung.”In Uben und Musizieren(1999.5)52-54(ドイツ語)
Stockmann,Angelika.“Wie Uben? Das "Wie"Uben!Teil(1):Losungsorientiert Uben”In das Orchester(2008.6):27-29(ドイツ語)
Stockmann,Angelika.“Wie Uben? Das "Wie" Uben!Teil (2):Erfolgreich Uben.Strategien zum Selbstmanagement”In das Orchester(2008.7/8):32-34(ドイツ語)
Muller,Alexandra.“Der bewegte Musiker:Bewegungslernen im Instrumentalunterricht”In das Orchester(2008.6)24-26(ドイツ語)
Schiefer,Joachim .Dispokinesis:Von Musikern fur Musiker Kurzinformation der das Fachgebiet. Wuppertal:Europaeische Gesellschaft fur Dispokinesis e.V.,2001.(ドイツ語)

その他:関連文献

ウィンスパー、イアン&ウィン・ペリー、クリストファー『音楽家の手──臨床ガイド』酒井直隆、根本孝一監訳、東京:協同医書出版社、2006年。
サルダ・リコ、エステル『音楽家のための身体コンディショニング──ベストな状態で演奏に臨むために』八重樫克彦、八重樫由貴子訳、東京:音楽之友社、2006年。
チャンス、ジェレミー『ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク──心身の不必要な緊張をやめるために』片桐ユズル訳、東京:誠信書房、2006年。
フェルデンクライス、モシェ『フェルデンクライス身体訓練法──からだからこころをひらく』 安井武訳、東京:大和書房、1982年。
宮本省三『リハビリテーション・ルネサンス──心と脳と身体の回復・認知運動療法の挑戦』東京:春秋社、2006年。